ブログ

ブログ

blogブログ

2021.07.17
ソアラ2.0GTツインターボL 小さな粗探し②

 

クラシカ横浜の荻無里です(^^♪

 

先日、ご納車待ちのソアラ2.0GTツインターボLの小さな仕上げ作業を紹介しまして、

今回も細かい部分の仕上げ内容をアップしたいと思います(^^♪

 

前回のブログはコチラ

↓ ↓ ↓

ソアラ2.0GTツインターボL 小さな粗探し

 

 

まずはコチラ!

これは前回のブログでも紹介した、クルーズコントロールレバーについてですね。

注文していたパーツが届き、色合いもバッチリだったのでさっそく取り付けをしていきました。

 

 

しっかりレバーに書かれている文字が残っていて、色は多少の薄れはありましたが、

元々付いていたものとは比べ物にならないくらいキレイです。

 

 

一応前回も載せたクルーズコントロールレバーを改めて載せておきます。

もう全く比較にならないのがよく分かるかと思います(笑)

 

 

そして次はコチラの部分です!

色があせていて、結構見栄えが悪かったので塗装をしました。

 

 

塗装後がコチラですね(^^♪

周辺が黒系のパーツで囲まれているので、この部分だけ色あせているとヤレている雰囲気が出てしまうんですよね。

ちゃんと塗装をすることでパリッとした印象になります。

 

 

そして次はコチラ!

これはディストリビューターです。

 

実はエンジンをかけると、なにやらバタバタバタという異音がしており、少しすると収まるという症状が出ていました。

エンジンが冷えてる時に出て、温まっているときには音が出ないんですね。

要するに、朝一に異音が出ているということです。

 

点検をしていくと、どうもこのディストリビューターが怪しいということで取り外してみました。

 

 

これが外した中身ですね。

今回はどのような理屈になっているのかといいますと、赤丸で囲った出っ張り部分同士が

当たってしまっている可能性が考えられるということですね。

(小さい部分なので少し見づらいかもしれませんが)

 

本来であればこの部分は当たることが無く、お互いに磁気で認識し合っています。

ですが超高速で回転する部分ですので、もしかしたら軸にガタが少し発生してしまっていて

本来であれば当たらないはずの二つが接触してしまっている可能性があります。

 

ここを修正して異音が収まるかどうかはやってみないとわからないですが、考えられる可能性を

次々とつぶしていくことが大事ですからね。

 

 

そして現在頭を悩ませているのがこの二つですね。

上の写真はフロントガラスの隅の方(Aピラーの先端あたり)が変色してしまっている写真で、

下の写真はリヤシートの後ろにあるエアコンの送風口パーツの割れです。

 

まだ変色の方は塗装でなんとかできそうなんですが・・・

割れの方は接着剤でくっつけるか替えのパーツを探すかなどで対策を検討しています。

今のところ替えのパーツが無い状況なので最終手段の、塗装工場で行う内装パーツ再生技術でなんとかなるかどうかを確認します。

 

 

そして最後に!

これは純正のオーディオデッキですね。

これは私たちからご提案した仕上げ内容ではないですが、ナビを取り付けるオーダーを頂いております(^^♪

 

また、先日アップしたあおり運転に特化したドラレコもご注文頂きました!

最近はブログで紹介した商品へのお問い合わせやご注文を頂くことが増えたので、

私としても非常に嬉しい気持ちになります(^^♪

 

ということで、ソアラ2.0GTツインターボLの仕上げ作業が順調に進んできております!

素直に仕上がった経験が少ないので油断はしていないですが・・・(笑)

 

このまま素直に仕上がってくれたら良いですね(*^-^*)

 

LINEの友だち募集中♪

直接クラシカとのやり取りが可能でとても便利です☆

友だち追加

 

最後にポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
にほんブログ村

コメント

 
  • コメント
  • まだコメントはありません。

  • menu

    cialis 5 mg