ブログ

ブログ

blogブログ

2021.07.01
ランチア ベータクーペ サビの確認からスタート

 

クラシカ横浜の荻無里です(^^♪

 

先日仕入れ入庫をしたランチア ベータクーペ。

ボディのサビが販売していた当時は大きな課題だったこともあり、塗装工場にてサビの確認からスタートをしております。

 

 

部分的にサビ浮きがみられる箇所があったので、とりあえずは目に見えてわかるところからチェック。

例えば左リヤフェンダー付近や右ドアなどですね。

 

 

また、こうしたドアの下の部分でしたり、トランクの内側などの細かい部分も見ていきました。

ドア下はご覧のようにサビが出ていますね。

とはいえこの程度であればそんなに大した作業にはならないので、問題ナシといったところです(^^♪

 

 

・・・しかし・・・

上の写真をご覧ください。

 

なんと左リヤフェンダー付近のサビ浮きを調査してみると、パテ跡があって謎の金属部品が差し込まれ、その上から塗装をしてありました!

この金属部品が何なのかは塗装担当もよく分からないと話していたんですが・・・

これは結構まずいですね。

 

 

その金属部品を外してみると、このようにパックリと穴が空いていました。

やはりウワサ通りか・・・といった感じですが・・・。

 

 

とりあえず、反対側の方もこのようにチェック。

穴空きまでは無いものの、サビは発生しているような状態でした。

 

 

そして左ドアステップあたりもこのような塗装状態でしたので、ペーパーで擦っていこうとしたところ・・・

 

 

なんと目隠しで穴が塞がれていました(笑)

もうこうなってくると笑えるレベルです(笑)

 

謎の鉄板の上から塗装をし、穴を塞ぐためにパーツをこしらえて上から乗せているなど、おそらく塗装のプロが施工したのではないと思います。

そうは言っても仕方が無いので、これはパテで穴埋めをしていきます。

こうなってきたら、ほぼ全塗装のレベルになってきますね(^^;)

 

 

ということで、さっそく作業は進めていっております!

サビが発生しやすいという評判は今回のケースでよく分かりましたが、しっかり処理をしてあげれば復活するので、

時間はかかりますがキッチリ仕上げていこうと思っています。

 

ということで、本日はランチア ベータクーペのサビ確認について紹介してきました!

仕上げの前段階でちゃんと確認をしておいて良かったです・・・(^^;)

 

LINEの友だち募集中♪

直接クラシカとのやり取りが可能でとても便利です☆

友だち追加

 

最後にポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
にほんブログ村

コメント

 
  • コメント
  • まだコメントはありません。

  • menu

    cialis 5 mg