ブログ

ブログ

blogブログ

2020.12.10
長年愛されてきた「グロリア330 GL-E」

 

クラシカ横浜の荻無里です(^^♪

 

今日は当店在庫車両の「グロリア330 GL-E」について話していきます!

題名に「長年愛されてきた」と書きましたが、これはどういうことかと言いますと、昭和54年に新車で購入されてからというものの

今に至るまでに相当なメンテナンスを受けてきて、なおかつしっかり記録簿や説明書も残っており、

それがなんといっても車自体の程度の良さに全て表されている、ということです。

 

 

その内容についてです!

このグロリア330は3オーナー車でして、最初のオーナーは新車で購入して最初のメンテナンスを受けた

昭和54年4月からおよそ10年間、車検も含めて半年ごとに定期メンテナンスを行っております。

そしてその後2人目のオーナーに渡り、約20年間所有されていました。

その20年間も2年ごとの車検は必ず通しており、20年間で約20,000kmを走行したようです。

平成元年~平成8年までは結構距離を伸ばしていたようですが、その後落ち着いています。

そして3人目のオーナーに渡りますが、約8年間で2,000kmほどしか走行しなかったようです。

その後クラシカが仕入れ、今に至るといった感じですね。

 

 

機関系のメンテナンスばかりでなく、コチラの写真にあるエアコンやラジオオーディオもしっかり機能します。

このあたりは壊れてしまっているケースが多いですが、ちゃんと大事にされてきたというのもこういうところから伝わってきます。

ちゃんと文字も消えずにハッキリ残っていますしね!

 

 

ちなみにメーターライトも!

もちろんライトだけでなく、各計器類もしっかり機能しますよ~☆

こういった細かいところは入庫時にチェック、もしくは仕入れ後に動かなくなってしまった場合などに随時対応しているんですが、

当店ではチェックのみで手を加えている箇所は実は全然無いのです。

つまり正常に機能し続けているということですね(^^♪

 

 

エンジンも一発でかかり、不安定な素振りは一切見せません。

大事にメンテナンスされてきたとはいえ、ここまで何もないのは不気味なくらい。(笑)

旧車ですのでこれからどうなるかなんて誰もわからないのですが、それにしても安心して乗って頂くには申し分ないのではと思います。

 

ちなみにこのグロリアは332型で、排ガス規制に対応したNAPSのものです。

巷ではNAPSのグロリアは走りが微妙とか重いとか色々言われています(^^;)

確かにそういった部分も否定はしませんが、このグロリアでそんなに飛ばすか??とも思います。

かつては教習車やタクシー会社のタクシーとしても乗られていたような車ですから、速くなくても運転しやすかったり乗り心地がとても良いなどの別の良さがあると思います。

 

 

見て下さい!この座り心地の良さそうなシートを!

実際ホントにフカフカしていて座り心地良いです(笑)

コラムシフト式のMT車は慣れが必要かと思いますが、慣れてしまえば全く問題ないですし、むしろ新鮮です。

 

 

ということで、とても大事にされてきたグロリア330 GL-Eについて紹介してきました!

実は以前からグロリアについてのお問い合わせやご来店が多く、昨日も先日メルセデスベンツ500SLをご購入下さったお客様が

メンテナンスでいらっしゃった際にも「このグロリア、ホントカッコいいですよねぇ~」とおっしゃって下さいました(*^-^*)

せっかくなのでと思い、このグロリアの良さを伝えたいと思ってブログに書きました☆

 

皆さんも是非このグロリアの素晴らしさを分かって頂ければと思います(*^-^*)

 

LINEの友だち募集中♪おトクな情報を配信☆

友だち追加

 

最後にポチッとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
にほんブログ村

menu

cialis 5 mg