BLOG

ブログ

お知らせ詳細

TOYOTA

2021.03.14

51年 セリカLB1600GT サビ処理

セリカLB1600GT

塗装前の左ドア下 サビ下処理

 

 



 

 

黒のラインシールの下から、ジワリと浮き出ているサビわかりますか?

今からコイツの下処理をしていきます。

 

 



 

 

こういうサビって、削ったり叩いたりして、でっかい穴になったら少し厄介なんだけど

恐る恐るサンダーで削ってみましたが、意外と大丈夫そうです 安心しました。

 

 

最後にベルトサンダーで削った所は 少し穴空きましたけど・・・

 

 



 

 

サビの転換剤塗布。ドアの内張りも外して、中からも転換剤いれて、

ボディ側と内側の両方からサビ処理をします。

 

 

使っている転換剤は、薄いエポキシ膜が付くので、内側はそのまま何もせず、

塗装完了後に、防錆剤を吹き付けます。

 

 



 

 

ボディ側は、一度エポキシ膜を剥がして

FRPで穴埋めして、パテで成形して面だししていきます。

 

 



 

 

鉄板が出ているので、エッジングプライマー塗布後、

サフェ入れて下処理終了。