BLOG

ブログ

お知らせ詳細

ISUZU

2021.11.29

ベレットGTR(ホワイト) ミッションオイル漏れ修理からエンジン載せまで


おはようございます、クラシカ横浜の荻無里です(^^♪

さて本日は、仕上げ中のベレットGTR(ホワイト)について進捗を紹介していきます!




まずはミッションオイル漏れ修理について紹介していこうと思います(^^♪
ミッションを写真のように分解し、「フロントハウジングシール」と「エンドシール」というものを交換していきました!
ちなみに上の写真はフロントハウジングシールの方で、結構劣化がある状態でした。



そしてコチラがエンドシールですね。この部分もシールを交換していきます。
ミッションのこのような部分はあまり皆さんも見慣れない部分かもしれないですね(^^♪



次は、「ミッションインプットハウジングシール」という、上の写真で印を付けた部分を交換していきました。
インプットという名前が付いているので内側の方に位置しており、その上に重なるようにして先ほどの
フロントハウジングシールが位置しています。

今回はミッションオイル漏れの原因がこのシール部分ということが明らかで、しっかりとシールの交換をしたところ、
オイル漏れもおさまるようになりました!
シールの役割は本当に大切だなと、改めて思いますm(__)m



こうしてミッションオイル漏れ修理が完了し、ベレットの仕上げもおおかたの作業が進んできました!
以前紹介していた足回りなどのサビ取りや塗装も同時進行で進めていて、それらが終わったので組み付けを行っていきました☆
上の写真はフロントサスペンションの組み付けの様子ですね(^^♪




角度を変えて撮影した写真です!
どうでしょう・・・かなり再生されていますよね!!

ちなみにボロボロになっていたゴム類などもあらかじめ用意していたものに交換をしております☆
こうして実際に組み付けをしていくと一気に仕上がっていく感があって、個人的にはそこがとても好きですね(^^♪



そしていよいよエンジンを載せるところまで作業を進めていきました!
エンジンについては以前もオーバーホールの作業内容をブログでアップしましたね(^^♪

シム調整など、皆さん覚えていますでしょうか?
しっかりと作業を進めていきましたので問題ないかと思いますが、実際にエンジンを載せて作動させていくのは
これが初めてですので、しっかり動くのかどうかドキドキです・・・。



とはいえ載せてすぐに始動させることができるわけではありません!
ここからミッションや補器類など、組み付けられるものをどんどん組み付けていきます(^^♪
まずは無事に載せ終わって何よりです☆

いや~それにしてもエンジンが載ると一気にサマになりますよねぇ。
エンジン本体やエンジンルーム内もリフレッシュされているので、上の写真からもかなりキレイな状態なのが
伝わるかと思います☆

ということで、ミッションオイル漏れ修理→足回りの組み付け→エンジンを載せるというところまで進んできました!
メイン部分の仕上げがだいぶ進んできましたので、エンジンが無事に始動したら次は細部の仕上げの方にも移って
いきたいと思います~(*^-^*)


LINEの友だち募集中♪ 直接クラシカとのやり取りが可能でとても便利です☆

にほんブログ村へポチッとお願いしますm(__)m